SingleViewは、写真計測ソフトウェア「フォトカルク」™ の1画像計測版で、オルソ画像の作成や穴位置の計測、配筋の径とピッチの計測などを行うことが可能です。

鉄筋計測ソフトは、昨年度の国土交通省のプリズムプロジェクトでも、使用された実績があります。この度、WiFiでサーバーへ画像を送って自動計算し、結果を見ることが出来るシステムが利用できるようになりました。

スマホを利用できますので、現場で、施工状況の良し悪しを即座に確認することが出来ます。

使い方は、至って簡単で、基準プレートをカメラの視野内に入れて、写真を一枚撮影するだけです。

後は、画像上で、測定したい箇所にラインを入れて、その画像を当社のサーバーに送っていただければ、鉄筋の径とピッチが計算されます。

一般の3次元寸法計測は、2枚の画像で計算出来るTwoViewソフトウェアが便利で、これもサーバーで利用していただくことが可能です。

<注意事項>

精度良く運用いただくには、カメラのレンズ歪の校正と校正プレートの使用が必要になります。尚、当分の間、本システムは、PC版のSingleView鉄筋計測ソフトウェアとの共用のみのご利用とさせていただきます。