国際フロンティア産業メッセ2021のHP

展示会場では、以下の情報を主に展示致します。

これまでの弊社の画像計測の技術の向上の内容を記載しています。

展示ポスターPDF ←PDFリンク(上記の画像は、拡大出来ない為)

展示会の情報の中で、夜間の車間距離計測について動画を公開致します。

動画のリンクはこちらです。 

SingleView車両計測ソフトは、ビデオカメラで撮影した画像から、車の位置を計測するものです。使用できるカメラは、通常の監視(IP)カメラ、USBカメラ、赤外カメラなど自由に選べ、リアルタイムでの計測も可能です。

道路工事は、通常、夜間に行われることが多く、遠方から接近してくる車の動きをリアルタイムに捕捉する必要がありましたが、今までは困難がありました。この度、開発したソフトは、カメラ1台で、夜間でも遠方にいる移動体の動きを、リアルタイムに計測することが出来、非常に高精度です。道路工事等の事故防止に、役立てるかと思います。

 

現場の安全管理

工事現場などで、人や車が指定領域に立ち入らないようにしたい場合に、ビデオカメラで位置を計測することで、指定領域に入ったことを検知し、警告を発することが出来ます。SingleViewソフトで監視カメラのビデオ画像をリアルタイムに解析することにより可能になります。操作は簡単で、ビデオ画像上で設定したい領域をマウスで指定するだけです。また、領域は、何時でも変更することが出来ますので、現場が変わっても同じように使うことが出来ます。

画像の穴計測

写真による穴計測、特に2画像で行う場合は、斜めから撮影した画像を用いるので、穴の内部の陰影が均一でなくなります。

この為、従来から、画像計測の不得意な分野とされていました。穴の表面と内部が同じ色のものや、テーパのあるものなどは、正確な計測は、困難であるケースが多かったのですが、この度、当社では、新しい計算手法を用いることにより、この問題を解決致しました。製品の品質管理に、お役に立てることと思います。