三次元に関する様々な機能をお客様のニーズに合わせて設計・開発いたします。

システム開発(工業)

■顔認証システム
登録した人の顔をカメラでとらえると、その人の名前を音声で知らせます。

以下は、すべて3次元解析です。

■単一カメラによるツールのリアルタイム挙動計測
ツールが指定位置へ移動したか否かを判定をするシステムで、生産ラインを効率化することが出来ます。

■単一カメラによる車間距離計測
前方の車に取り付けたターゲットを認識することで、リアルタイムにその車までの距離を計測します。

■単一カメラによる自動車運転の挙動計測
球状ターゲットにより、自動車内で運転中の手の動きをリアルタイムにトラッキングします。

■単一カメラによるクレーン位置の計測
クレーンに取り付けたターゲットを認識することで、リアルタイムにその位置を計測します。

■ステレオカメラによる工具の動きの解析
工具の動きをカメラの画像から測定し、その動きを解析します。

■レーザー計測を用いた自走ロボットの位置決め(2005年)
ロボットの位置をリアルタイムに検出するシステムで、 複数台の自走ロボットの位置検出システムです。受信機と各ロボットに取り付けた送信機により3次元位置を割り出します。

■ 多間接型3次元計測器を用いたリアルタイムロボット制御システム(2000年)
ロボットに多間接型3次元計測器と同じ動きをさせ、熟練工の動きを再現するシステムで、新産業創造研究機構と川崎重工と共同開発しました。

システム開発(医療)

■治療のシミュレーション
歯を削ったり抜いた場合に歯の並び方にどう影響するのか?各種設定を歯牙模型に反映させて治療の予測ができます。

■MRI画像による関節症診断(2004年)
国立放射線医学総合研究所、千葉大学とMRI画像からひざの関節症などの進み具合を3D解析するソフトウェアを開発しました。