フォトカルク

写真を用いた計測技術は、100年以上も前に、ヨーロッパで開発され、現在では、航空測量を初めとした多くの分野で広く用いられています。
市販のデジタルカメラを用いたシステムも、近年たくさん発表され、製品として販売されているものがいくつも見られます。
しかしながら、そのほとんどが、数多くの画像を撮影して計算をおこなうもので、マーカーの配置などの作業を考えると、実作業に使用するのを面倒がられるケースが多く、一般的な計測法とはいえないものになっています。
フォトカルクは1枚、もしくは2枚の画像を使い、大型対象物の計測から精密計測まで、高精度な計測を行うことが出来ます。

シングルビュー

たった1枚の画像で計算するものです。但し1枚の画像でも色々なことが出来ます。

ツービュー

2枚の画像で計算するものです。但し一般のステレオカメラと違って、カメラを固定する必要はありません。任意の位置で、角度をつけて撮影します。

シングルビュー3D

デジタル(ビデオ)カメラ1台で三次元情報がリアルタイムに取得できる画期的なシステムです。位置計測のほか、移動体のトラッキングや車間距離計測など用途も広範です。

レーザーバージョン

レーザーを使った写真計測です。レーザーが写った1枚(シングルビュー)または2枚 (ツービュー)の画像から、照射箇所の三次元位置情報や断面形状がわかります。

モデリング

アジリス

複数の写真から全自動でカラーテクスチャ付きの3次元モデルを作成するソフトウェアです。

Geomagic Studio

点群データから自動曲面生成。Fashion機能の統合でよりCADに近い曲面の生成が可能です。

Align3D

点群編集(合成、マージ、間引き、断面表示、ポリゴン化)
CADデータとの比較→カラーマッピング表示

その他

Geomagic Control

非接触三次元測定器から得られたデータを比較・評価するソフトウェアです。

ImageMapper

ポリゴンデータにテクスチャを貼りつけるソフトウェアです。

Camera Calibrator

高精度な三次元計測や画像解析のためのレンズ固有の歪みを算出し、真の値を得るためのソフトウェアです。

KEYCREATOR

あらゆる2D/3D CAD、そしてCAMをつなげる設計ハブソリューションです。