従来、石膏模型で行われていた作業をデジタル模型で処理する機能を開発しました。以下は歯科の事例ですが、ここに使われている様々な三次元の技術は、医療・工業の分野を問わず幅広く応用できるものと考えております。

機能の一部を紹介します。

X線フィルムを使った位置合わせ

レントゲン写真の情報から歯の位置を決定

歯牙を抜く、削る

削除される総量の表示

削除される総量が表示されます

各種設定を反映させてきれいに並べる

咬合面や抜歯等の各種条件を反映させてアーチ状に排列

微調整

アーチ状に並べた後、移動や回転で位置を微調整します。変化量は数値でリアルタイムに確認できます。

各種情報の表示

接触分布図:上下の咬み合わせを色分けして表示
接触分布図
切断面の表示:カーブに垂直な面で断面を表示
切断面の表示
治療前後の比較:ピンクが治療前、白が治療後
治療前後の比較

一連の工程を動画でご覧いただけます。

  • 各種設定
  • 結果の確認と調整