ドローンにレーザー距離計を搭載しクラック計測が可能です。

ドローンでクラックのある壁面を写真撮影し、その画像から3Dモデルの作成と壁面のクラック位置の解析を行います。モデルの作成はアジリス、クラック位置の解析はフォトカルクSingleViewで行います。