ドローンによる橋梁のクラック計測

ドローンを用いてビデオを空撮し、そのビデオより橋梁のクラック計測を行います。

計測手順1

動画をドローンにて撮影し、アジリスソフトに動画を読み込みます。
動画から写真が切り出されます。今回は364枚です。

計測手順2

画像の特徴点を自動で検出し、3次元データが自動で作成されます。
動画の撮影位置もソフトウェアで計測します。

計測手順3

2点間寸法が分かっている所を1つだけ入力し、3次元データの縮尺を決定します。
画像上で点を選択し、今回は点1-2間距離を1800mmと入力しました。
オレンジの点は手順2で自動抽出した特徴点です。

計測手順4

クラックの計測はフォトカルク・シングルビューで行います。
フォトカルク・シングルビューでは4点の座標値が必要です。
その座標値はアジリスで複数枚の画像上で同一点を選択して取得します。(手順3と同様の手順です。)

計測手順5

フォトカルク・シングルビューにクラックを計測したい画像を読み込みます。
手順4で取得した4点の座標値テキストを読み込み、画像上でその4点をクリックします。
クラックのある位置を少しづつ選択します。クラックはDXFファイルとして出力できます。

計測手順6

CloudCompare(フリーソフト)にアジリスの3次元データと、フォトカルク・シングルビューのクラックデータを読み込みます。
3次元データの中にクラックが有ります。

クラック結果画像

クラック画像

左は3次元データとクラックを両方表示、右側はクラックのみを表示

コンクリート壁面のクラック検出例

クラックの抽出

どのような微細なクラックもトレースし、DXFで出力します。
勿論、寸法は実寸で計算されます。

クラック計算モードでクラックを抽出

CADデータで出力

道路やトンネルなどのひび割れを抽出し、長さ、幅の寸法を算出します。
抽出したひび割れのデータは、CADで読み込み可能なDXFデータで出力できます。

道路面のクラック検出例

従来の写真計測によるクラック検出に加えて、動画での検出を実施しています。
下の動画は、走行中の車から市販のビデオカメラで道路を撮影したものです。

ビデオによる道路クラックの検出