写真計測ソフト「アジリス」は、全自動でカラーテクスチャ付きの3次元モデルを作成するソフトウェアです。
従来の写真計測システムに必要なコードターゲットは必要ありません。

手順は、市販カメラで撮影対象物を数枚から数十枚撮影し、撮影データをソフトに読み込み自動計算させ、寸法を1箇所入力するだけです。
ソフト内で画像上の特徴点を自動抽出し、複数枚の画像から見ることにより3次元空間上に点を自動作成します。その他の必要物はありません。
結果は、点群(.las)及びメッシュ(.ply)で出力可能で、どちらも色付きのデータになります。
データはAlign3Dなどのソフトウェアで処理編集を行うことができます。

カメラは市販のデジタルカメラ全般が使用可能です。

製品の特長

  • 他の写真計測ソフトウェアより安価、市販のデジタルカメラ全般が使用可能
  • 使用方法が簡易、かつ高精度な計測(写真の枚数が多ければ、より精度が安定します)
  • 手動での計測、半自動、全自動の計測が状況に応じて使用可能
  • 写真を撮影するだけなので、交通規制が少なくて済む
  • 写真が残っていれば、いつでも解析が可能

製品の活用場面

  • 建築物の3Dモデル作成
  • ドローンで写真を撮影し3D地形作成
  • 室内の3Dモデル作成 などに使用可能です。

適用事例

 

地形計測

 

一般3D計測

 

交通事故

交通事故の状況を3D計測