定点観測や位置計測を、もっと簡単に。ずっと低コストで。
そんな夢のような話、特許技術をベースにした 弊社のシステム「TwoViewAuto」が叶えます

TwoViewAutoって何?

【TwoViewAuto】は、特許技術を製品化した弊社の3次元写真計測ソフトのひとつ【TwoView】をベースにした、新製品です。

ベースとなっているソフトウェア【TwoView】には、左右2方向からカメラで撮影するだけで3次元計測ができる、という特長があります。
【TwoView】では、一般的な写真計測のようにコードターゲットを多数配置し、いろいろな方向から複数枚写真撮影する必要はありません。下図のように対象物にマーカーを設置し、対象物と校正プレートを左右から撮影するだけで、マーカーの3次元座標を計測できます。

2枚の画像を使った写真計測

 

しかしながら【TwoView】では、計測を行う際に画像を読み込んだ後で、いくつかの手順を踏む必要がありました。
それらの手順をすべて自動化したのが、このたびリリースする【TwoViewAuto】になります。

ー対象物の写真をソフトウェアに読み込むと、マーカーの3次元座標を自動的に計算するー

これが【TwoViewAuto】新しさ、そして最大の特長です。

TwoViewAutoの活用場面

マーカーの3次元座標計算を自動化したことで、【TwoViewAuto】の可能性は無限大!
工場内の設備や製品の位置・距離計測はもとより、施設やケーブルなど重要構造物の定点観測や監視などに利用できます。

【TwoViewAuto】なら、固定カメラを2台設置して撮影すれば、その画像からマーカーの位置を自動抽出し、3次元座標を計測できます。そして測定点の座標値を一定時間間隔で取得すれば、定点の3次元座標の変位・移動量等を計算できます。

要するに、【TwoViewAuto】があれば、固定カメラ2台を設置するだけで無人監視システムの構築が可能!
初期費用、運用費用を含め、非常に低コストです。

定点観測での運用例

写真計測ソフトの定点観測での運用例

 

これはほんの一例です。
TwoViewAutoは、様々なニーズに対応してカスタマイズすることも可能です!

製品仕様および精度

撮影距離 約1.0m~10m (標準)
構成 TwoViewAutoソフトウェア
カメラ(定点観測の場合は2台)
パソコン
校正プレート
入力 / 出力形式 JPEG / txt,csv,Excel
対応OS Windows7, Windows10(MacOS不可)
言語 日本語 / 英語
精度 対象物の大きさに対して、3,000分の1~10,000分の1*
*使用するカメラの解像度によります